コラーゲンサプリメント

コラーゲンサプリメントにはどんな効果がある?

コラーゲン

コラーゲンはたんぱく質の一種です。美容の分野では保湿成分として広く知られていますが、実際には他にもさまざまな役割を担っています。

 

体全体に含まれるたんぱく質の3割ほどを占めており、肌はもちろんのこと筋肉や関節、軟骨など体のさまざまな部分を構成する要素となっています。このコラーゲンがなければ生命活動は維持できないといってもよいでしょう。

 

しかしコラーゲンは年齢を重ねるにつれて減少していきます。それが体のさまざまなトラブルの原因となるのです。高齢者に関節痛が多いのはコラーゲンが不足することで軟骨が作られにくくなってしまうのが大きな原因のひとつ、そして加齢によってシワやシミといったトラブルが生じやすくなるのはコラーゲンによって肌の生成がスムーズに行われなくなってしまうのが大きな原因なのです。

 

そこでコラーゲンサプリメントで補うことで不足した分を補うわけです。この点について知っておきたいのはスキンケア製品でコラーゲンを補うのとは目的や効果が異なる点です。スキンケア製品の場合は角質層に浸透することで保湿効果をもたらすのがおもな目的となりますが、コラーゲンサプリメントで補う場合には真皮層の含有量を増やすことで肌のハリとターンオーバーを活性化させることがメインの目的となります。そのため乾燥を改善する効果よりもシワやたるみ、シミといったトラブルを改善する効果の方が期待できます。

 

なお、コラーゲンサプリメントに関しては摂取しても期待されるような効果が得られないという意見もあります。コラーゲンをそのまま摂取しても体内でいったん分解されるため、必ずしもコラーゲン本来の効果が得られるとは限らないという意見です。一方ではコラーゲンを摂取することで体内の生成量を増やすことができるという意見もあります。こうしたコラーゲンが体にもたらすメカニズムを知っておくことがコラーゲンサプリメントを活用する上での注意点となるでしょう。とくに副作用の心配はありませんが、ごくまれに胃腸障害や発疹などが見られることもあります。神経質に考える必要はありませんが、頭に入れておくとよいでしょう。